【愛用品】ビタントニオ ツイスティー

いろいろあるオフィスワークの悩みの中のひとつに水分問題があると思ってます。

飲物。ドリンク。

毎日ペットボトルだのコーヒーだのも費用面健康面であんまりよくない、水筒もっていっても一日なんてもたない、できれば茶葉から淹れたお茶がいい、でも職場で茶葉使ってお茶いれるのハードル高すぎ……

そんな問題を解決してくれるオフィスワーカーにおすすめしたいのがこちらのビタントニオ社製、ツイスティーです。

持て余している柚子をなんとなく添える

オフィス仕事のとき、外出のときに愛用してます。

一見するとただの透明ボトルなんですが、フタが上下についてます。そして下三分の一くらいの箇所が、ひねると中の水分を分断できます。

どういうことかというとこう。

まずひっくりかえして底のフタをあけます。

中に茶こしが入ってます。ここに紙ラベルを切ったティーバッグをいれます。

フタをぎゅっとしてひっくりかえす。

上下の層両方がつながった状態であるのを確認して、お湯をラインまで入れます。

いいかんじの濃さになったらひっくりかえして、ティーバッグ入ったところと水分を分断します。

しるしのついたわっか部分?をひねると分断。

これでちょうどいい濃さのお茶をキープできます。

飲み終わったらもう一回くらいお湯いれると二回目も余裕でOK。なんならティーバッグもう一個くらいもっていけば一日充分だと思います。

今のオフィスならまあたいていはお湯がでるウォーターサーバーなりお湯なりは入手できるはず。外出時のお湯の入手方法がないのが悩ましいところです……今のところはマックでホットティー頼むとお湯とティーバッグで提供されるんでそれくらいかも。コンビニ?それは最後の手段。

しばらくこれで葉っぱからのお茶を飲んでると、たまにペットボトルのお茶や珈琲買ったとき、これすごい刺激物なんだなーーと思います。おすすめは砂糖なしでもおいしくいけるハーブティー系、とくにミントティー系。穀物茶もおすすめ。和紅茶も適切な淹れ方をすると砂糖なしでおいしい、でもティーバッグいれっぱなしだとしぶくなるのでまさにこのボトルむき。

pukka(パッカ) スリーミント有機ハーブティー20TB
日仏貿易
売り上げランキング: 6,318

以前の職場で引き出しの中にポットやソーサーも混みでお茶セット一式用意してる女性がいましたが、目立つし急須を使ったお茶は香りがすごい漂うんですよね。これは密閉状態で煮出すことができるのも大きな利点。

好きな濃さのお茶を家の外で飲めるボトル、金属製よりちょっと軽いしぜひ。