在宅ワークの食事

食事、どうしてます?
二年にわたる在宅ワークのはて、ようやく自分への最適解を見つけました。
このルーチンで、食費、集中力、バリエーション、満足度、いずれも改善しています。

朝:ランチ用の弁当を作って弁当箱に入らなかった部分とオートミールを食べる
昼:朝作った弁当とオートミールを食べ、夕食用の弁当を作る
夜:昼作った弁当とオートミールを食べる
夜食的な:ハーブティーかミルクティーかコーヒー牛乳を飲む

食費の改善


これはもう比較するまでもなく、外食およびコンビニ、惣菜に比べると圧倒的に激減です。
弁当箱を使うと、つい外食の再現をもとめて多めに作ってしまう傾向があるんですが、箱は容量が決まっているのでいいぞ……

集中力の改善


午後からどうも業務に戻る気がしなかったのは、食事を作ったり、外に買いに行ったり食べに行ったりするせいだな? と気づきました。
とくにこの中では「食事を作る」がくせもので、昼休憩だ、と12時に席をたってもその後調理という作業が発生して、うまく切り替えができたかんじがしないというか…… で、15分料理してたんだしとかちょっと歩くしみたいなかんじで昼休憩がのびて業務に戻るのにも時間がかかるという…… 献立考えたりもけっこうな一仕事なので。 で、これを朝のうちにさっとやっておけると、昼だ! 飯! ってなれてとても良いです。
昼食後はそのまま食器洗って夕食も仕込む(食べ終えたあとなら苦にならない)と合理的。
直後の食事が決まっていると安心できるみたいです。

バリエーションと満足度


薬膳スープジャーの本を使っています。これは似た食材の使いまわしかつバリエーションが多い! コンビニで選べる食べ物ってなんでも選べるようであって実はそういうこともなかったりするんですよね。あとこの本、食材は基本三つ、なのにどれもおいしいし食材も安いものばかりだし、なぜか満足感がすごい。こんな小さいジャーなのに。不思議。あと絶対体にいい。
保温調理で煮込みを仕上げるので、味も根菜の柔らかさも手間かけて煮込んだ料理みたいでほんとにいいです。

時短になる


スープジャー本、「10分でできる」とあって、実際そのくらいでできなくもないんでしょうけども、週末や週中に数日ぶんまとめて野菜や肉を切ってポリ袋にまとめて冷蔵庫に入れておくととっても楽です。5分もかからないで調理できます。
あと食器もスープジャーとスプーンとオートミール入れる茶碗くらいなんで食器の管理もめちゃくちゃ楽!

お茶はククーティーほぼ一択

こちらの記事に飲み物についても詳しくかきました。
基本、ククーティーを使い倒してます。

まとめ


そんなわけで、とりあえずこの本のレシピ使いつくすまではスープジャー食を続けようと思ってます。
出会いに感謝する本がまた増えました。