ミステリーの書き方

文章の書き方、物語の書き方、的な本をとりあえず手にとってしまう傾向にある。二次創作から離れて久しいが、物語を書きたいとは思ってはいるのだ。いつも。

 

その中でもこいつがすごかった、ストーリーの書き方というのは結局「人による」としか言いようがなくて、その「人による」が国内トップ作家によって惜しげもなく示されている。

宮部みゆきの「降りてくる」としかいいようのない天才肌な構築方法、乙一のシステマティックな展開方法、恩田陸による「タイトルのつけかた」など、最高のサンプル集としてぜひ一度見てほしい。作家ごとのテーマも本当に楽しい、読んでるだけでもいい。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です