ⅩⅤ 悪魔 :タロットカード 大アルカナのナナド的解釈

はじめに

死を経て心を入れ替えた?的にバランスをとったはずが、悪魔。

節制を心掛けすぎてリバウンドしたのだろうか、バランス取ろうとした結果こっちに振り切ったのだろうか。

これも死神に続いてあまり凶兆ではない…のだけど、そのへん読み手のえこひいきが入ってないとも言い切れない。
私にとっては悪魔より恋人のカードの方があぶねえなって感じがある。

 獣と欲望の悪魔

f:id:imakomemo:20180426090503j:image

 

で、お気づきだろうか。
とりあえず出してみる、6、恋人のカード。

 

f:id:imakomemo:20180426090511j:image

 

完全に対応している。

悪魔のカードでは恋人のカードで描かれていた恋人たちが楽園を追放された成れの果てが描かれているのである。シーズン2らしい展開だ。

手前の二人はアダムとイヴ。
恋人カードでは天使(節制でカップを持ってるミカエルとする説あり)の位置だった場所にいるのは悪魔バフォメット。中性的な両性具有、あるいは両性ともに無い天使と違い、両方ついてる。額には逆五芒星、頭は獣で左手には人類が神から手に入れたものの1つ、炎。

アダムとイヴはそれぞれ、神様から盗んだ知恵の実と炎がモチーフになった尻尾が生えていて耳もエルフ耳とつので、二人が獣の本能にひっぱられて獣になってしまったと示すとも言われる。

首には鎖、なんだけどもこの鎖はゆるゆるで、よくみるとうっすら笑っている。

逃げようと思えば逃げられる。吊られた男と似ている。わりと自分の意思で繋がれているとこもある。

 

占いでは悪い魅力に囚われてしまっている、転じてダメンズとかパチンコとか薬物依存とかソシャカスとかマルチとかそういう、やめたほうがいいものにどはまりしてる状態の暗示として出て来やすい。解説本では著者によって解釈が別れていて、そいつだめー!いますぐ逃げてー!という凶兆であるとする説と、悪いんだけど、悪いんだけど魅力ある!カリスマ性!求心力!みたいな、エグザイル的な?哀川翔的なYAZAWA的な存在、概念という吉兆扱いとする説がある。私は後者を採用している。なおどちらの場合も逆位置だと意味が反転する。

知恵の実も炎も、そら悪いことだし楽園は追放されたけど、じゃあとらなかったら人類はいつまでも裸で神様の愛玩対象のままだったというわけだ。

まとめと予告

なんでまあ、清濁併せ呑んでの悪魔化かもしれないなーとか思ったり思わなかったり。むろんどんぞこモチーフとしての採用もありだと思う。ただ私は根がオタなので依存から得られるものもあると思っている節があるので、あまり悪魔のカードを悪く思えない。

 

次、16の塔。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です