ⅩⅧ 月 :タロットカード 大アルカナのナナド的解釈

はじめに

月もねー、本によって解釈わかれるカードなんですよねー。

わたしは例によって一旦良いものとして解釈するんですけども。

 空に浮かぶ巨大な月とザリガニ

f:id:imakomemo:20180428195802j:image

 

星が心の中の光と道しるべならば、月は心の中の闇と迷いを示す。

根拠はないけどいける気がする!が星ならば、理由はないけどうまくいかない気がする…が、月。

2つの門は死神のカードの右端にあったものと同じで、舞い散る黄色は塔のカードと同じ、神の恩寵を示すモチーフ。道はほぼ直線で真っ直ぐに伸びており、左右には犬と狼。これは野生の存在とと人間に寄り添って進化した存在。

そしておなじみ水モチーフ、泉の中からはザリガニが這い出している。

月の大アルカナは吉兆か?凶兆か?

わたしの採用していない方の解釈では、これも死神や等と同じく悪い状況を示すカードとされる。不安とか疑いとか洗脳とか、そういう穏やかでないキーワードが並ぶ。月は迷っていて、決めかねていて、泉から這い出すザリガニは潜在意識から湧き出してきた雑念、悪い考えを表すのだという。犬と狼も月に向かって吠え立て、惑わせている。残虐性のモチーフだという。

 

で、わたしの採用する解釈は違う。

ザリガニは潜在意識から生み出されて這い上がってきた存在で、これから道を這い進んで門のむこう、神の恩寵の舞い散る世界を目指している。キーワードは進化。ザリガニは道を進むために出現していずれ人間になるんじゃないかな…

星で根拠のない自信で進み出したけれどやっぱ根拠ないから進み続けているうちに不安にはなってしまう、わかるわかる、的なかんじ。

 結局どっちでもいいし、ついでに自分むきの本の選び方を少し

タロットは原作者はわからないし大手二次サークルであるの黄金の夜明け団でもはっきりと明言していないことが多くて、だからこそいろんな人が扱うようになった。国内だけでも著者によってすごくいろんな違いがある。

そんな解釈違い二次創作が膨大にあふれている中でどうすれば自分にとってドンピシャな解説本を手に入れ、いきなり解釈違い地雷サークルを引き当ててしまいジャンルごと嫌いにならずにすむのか?という答えの1つに、この「月」や「塔」、「死神」などの悪いめのカードの説明文をとりあえず読んでみる、というものがある。そこで解釈違いを起こさないなら、その書き手はあなたにとって相性のいい解説をしている可能性が高い。

死神が一番わかりやすいらしいが、私は月のほうがわかりやすい。大きめの書店で是非試してみてほしい。

まとめと予告

迷いながらも夜を進み続け、いよいよ19で朝、「太陽」となる。

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です