良い資料はそれなりの値段がかかる

やはり千円、二千円の本は出版して売ることが目的で、中身が詰まるのは三千円からだなあ…とお高いタロット本を立ち読みしつつ思う。

いつまでも千円代の本を回しててもそこから進めないんだろな。装備はレベルアップに応じてランクが変わるもの。

 

岡田斗司夫の有料動画チャンネルに加入してみたのだけど、月額二千円なんだけどこれがまあ面白い上にアーカイブが膨大。毎週2時間くらいのトークが七年分くらいある。756時間相当?毎日2本ずつ聴いても三年は保つわけだ、やばいな。

 

とりあえずオーバーロード仮説とサイコパスのすすめは実はもっと輪郭がぼやけていたけどかんがえたことがあって、なので、早速あれこれ使いこなしてみたいところ。

というか触れてるソースがもう違うんだなあ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です