プロジェクトの流れを大アルカナで見る

大アルカナは宇宙の始まりから終わりまでとか一生だとか言われているけど、プロジェクトのはじまりからおわりまでにすべきこととしてまとめられるかな?と思ったので記録します。

 

わたしのいうプロジェクトは主にウェブの開発プロジェクトだけど、引っ越しとか、結婚式とか、旅行とかのいろんな計画のことでもある、と思う。以下走り書き。

 

0 愚者 プロジェクトの発生。なんかいいよね!と話が持ち上がった状態。

 

 

 

準備、支度編 起承転結の起

 

1 魔術師 資料や前例、事例をかき集めて調査する。

2 女教皇 資料をもとにコストやリソースをガン無視して理想の中の理想を作り上げてみる。

3 女教皇 理想を具体的に生産、前進する手段を検討する。

4 皇帝。秩序を作る。コストが見合わないとかの理由で実現、実行が難しい手段を切り捨て、全体のルール策定。

5 法王。決めたことを協力者に周知する。

 

走り出し編 起承転結の承

 

6 恋人たち みんなでキャッキャしながら、まずは褒め合い称え合う空気を作る。

7 戦車 認め合ったところで加速し始める。

8 力 そろそろ個人のスタンスの違いで暴れん坊が出てくるのでなだめる

9 隠者 一通りチームが稼働したあとの状況を俯瞰でじっくり観察する

10 運命の輪 現段階のチーム、プロジェクトの成績表をつけてみる。

 

滑走編 起承転結の転

 

11 正義 5~10までのジャッジメント。起きたこと、やったことを並べ上げて裁く。

12 吊られた男 罪を贖う。11で出たことの改善。たぶんしんどいことだけどやらなきゃいけない。

13 死神 11と12を経てリスタート。仕切り直す。

14 節制 リスタートからのバランス調整。よかったこともわるかったことも織り込んで行く。

15 悪魔 そろそろ惰性と飽きが誘惑してくるので気をつける。

 

完結編 起承転結の結、最終調整と確認

 

16 塔 ここまでで凝り固まった思い込みをくずす。まっさらな気持ちで眺めてみる。

17 星 まっさらな気持ちで、閃き、直感で見直してみる。

18 月 直感で見たあとは理性で悩んで悩んでチェックする。

19 太陽 いける、という気持ちで、発表、公開、実行前に自信を持つ

 

20 審判 発表、実行、公開。いままでの総決算。

 

21 世界 プロジェクトを成し終えたあとの世界。

 

あとでたぶん追記します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です