マシュマロ回答9

ご相談とお買い上げありがとうございます、うれしいです!

タロットとの向き合い方がわからない、難しいと感じてしまう方は私の周囲にも多いですし私自身も数年くらい買っては手放しを何度か行っていました。

私自身のケースで言うと、タロットを完全にあきらめて忘れていた時に、大ファンだった獄ツナ作家さん(カップリングを記載する必要があるのかと言われるとまったくない)がブログでオラクルカード日記をつけていたのがきっかけです。その後オラクルカードにはまりたおして、プリキュアうらないカードガムも使いたおしたところでふとタロットにも手をだしてみたら異様に扱いやすかったという流れです。

とりあえず、あなたがタロットカードのことをどう思っているのかを占ってみました。

 

顕在意識:女教皇
潜在意識:棒10逆
アドバイス:棒従者

タロットカードは自分の中では神秘的で理想的で崇高な存在だから、扱うには一生懸命苦労しなければならない(そうでなければ触れる資格はない)、と思っているような印象です。
卑近なたとえで恐縮ですが、童貞が彼女を作るためには20キロ痩せてイケメンになって文武両道にならないと不可能と思っているような…
アドバイスとしては、いいから今を楽しもうぜ、一歩踏み出そうぜ、ということなんですが、それができればしてますよねー。わかる。

ここからは私のご提案になってしまいますが、それでもタロットカード扱いたい、ということであれば、私とおなじくオラクルカードからがいいんじゃないかなあと思います。童貞の例でいえば、いきなり婚活や告白をするより遊べる女友達を増やすところからということですね。

タロットは絵柄がレトロだからか、最初はどうにも親戚の叔父や叔母に接するときのような緊張をしてしまう傾向があります。慣れれば気のいいパイセンなのですが。
ラクルカードは比較的最近(古くても20年程度)なんで、歴史や由緒、バックボーンを考えずに、いい意味でどうでもいい質問をしやすいです。

ご相談の文体からすると、ドリーン・バーチュ博士の妖精系や人魚系のオラクルカードがよいパートナーになりそうな印象です。
国産では「日本の神託カード」(神様カードでなく神託のほう)もおすすめです。(わかりやすいし安いし小さいし)

ラクルカードについては週末のうちにブログ記事まとめて公開したいなーと思っておりますので、またいらしていただけると幸いです。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です