マシュマロ回答13 後編

年をまたいでしまいました。 下記ご相談の後編です。

はじめまして。お時間のある時にでも占っていただけたら幸いです。
転職を考えているのですが、私にぴったりの仕事を見つけるために、気をつけるべきことや必要なことは何でしょうか?
よろしくお願いいたします。

 タロットはあくまで現状分析とそこから示される方向性…という因果を踏んだ占いになるため、ピンポイントに「アドバイスだけ」は苦手です。

そのためご相談の意図を読み解く、翻訳する、あるいはそうしやすい質問へ変更する手順が必要です。

 

が、最近オラクルカードが再燃しているためオラクルカードに直接聞いてみました。オラクルカードはアドバイスぶっこぬきに特化しており、逆に状況判断があまり得意でない印象です。

 

早速「気を付けること」「必要なこと」をフェアリーオラクルカードにたずねてみました。

 

 

気を付けること:脱出

必要なこと:音楽

 

だそうです。やりたくないことを無理にやらなきゃいけないと思ってるとか、断ち切ったほうがよいものを捨てずに抱え込んでいるとか、そういうことが起きているようです。心の檻にとらわれやすいというか自分で囚われているというか。

必要なのは、音楽による癒し、だそうです。歌うとか踊るとかカラオケとかもそうだし、なんだか最近脳内をリフレインする歌詞やラジオ、ストリーミング音楽でなんだかひっかかる歌、そういうところにあなた自身を見つめなおすヒントがあるかも、です。

二枚を合わせて考えてみると、しがらみにとらわれないように気をつけて、好きな音楽を使って自分自身ののぞみに向き合ってみて、でしょうか。

 

エンジェルオラクルカードにも「重ねて」たずねてみましょう。オラクルカードは一度出た結果の上に別デッキで再度重ねると立体感のある答えになるんですよ。

 

 

気をつけること:守護天使

必要なこと:友情

 

フェアリーオラクルカードで「脱出」と回答された二枚目の場所に「守護天使」が出ました。日本人的には守護霊とかなんかの加護とかそういうあれですかね。「あなたは絶対的に守られているから安心して」というような意味。

絵柄は、天使が「自分がいるよ」と呼びかけようとしているのに心を閉ざして見えない聞こえない状態になっているかんじに見えますね。守護天使的な存在を感じられない=何も信じられない(から動きたくない)という心を示しているようにも見えるし、あなたのなにか(守護霊だかハイヤーセルフだか龍だか平行世界だか)が勇気づけようとしているようにも見えます。絵柄を見ると、どんな状態に見えますか?

 

そしてフェアリーオラクルカードで「音楽の癒し」と出たところに「友情」のカードが出ました。友人と音楽… カラオケでしょうか?違うかな。短絡的かな。 この「友情」は「交友関係の変化」を示すものと解説書には書かれています。ずっと知り合いだった人の意外な一面を知って仲良くなるとか、あるいは新しい友人との出会いか。この「友人」は人間ではなく概念や技術のことかもしれないですね。新しいお気に入り歌手とか。なんだろう。フェアリーカードもエンジェルカードも楽器が描かれているのが不思議な共通項ですね。このデッキ、楽器が描かれてる絵柄すごく少ないんですけども。

 

ラクルカードはタロットとだいぶ読み方と使い方が違いますが、いかがでしょうか。やっぱり純然たるアドバイスには向いてるカードだと思います。出たカードの写真をごらんになって、絵柄から受ける印象などと合わせて、カードをとおしたなにかが、あなたになんのことを伝えようとしているのか探ってみてください。オラクルカードはタロットのように「これはキリスト教のこれを意味して」「あれはエジプト神のアイテムで」というのは一切ありません。見て感じた印象が真実です。

転職のご検討のみちしるべになると幸いです。

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です