マシュマロ回答16

よろしくお願いします!
私と意中の人が出会った意味が知りたいです。
ツインソウルだとか運命の人だから、ということを期待しているのではなくて、
あまりにも上手く行かないことばかりなので、出会う必要なかったんじゃないかと思うのです。

 

なんともミステリアスなご相談です。

意中の人というのはどういう状態なのでしょう、片思いか両想いか交際中か婚約中か… 関係を続けたいのか続けたくないのか…

文章からはわたしが推測できる材料が全く無いのでオラクルカードに投げます。

ずばり「出会った意味」です。

 

 

エンジェルアバンダンスカードの答え:「副業」

エンジェルロマンスカードの答え:「蜜月」

 

エンジェルアバンダンスカードは家計、投資、資産といった「お金」に関するデッキですが、ようは「豊かさ」全般を占うカードです。ツインソウルってなんなのか知らなかったのでぐぐってみたんですが、「魂の片割れ」的な存在なんですね。まあそういう人なら「出会った意味を知りたい」なんて相談はしないでしょうそもそも。うまくいくはずだし。なので、俗物的で合理的なテーマのデッキを選定しました。

「Moon lighting」ってカードに書かれてますけども、これ「月光」ではなく「副業」って意味です。正業のあとで夜に作業するから月光、転じて副業という単語になってるそうです、英語っておもしろいですね。

出会った意味が「副業」… どんな意味ですかね。ストレートに考えてしまうとセカンドカー的なあれですけど、「あなたにとって恋愛は副業である」って考え方はどうですかね。正業にあたるのが仕事とか趣味とかであるっていう。あなたは恋愛至上主義者ではない、それは人生のメイン活動ではない的な。

副業だと思うと期待値がぐっと下がると思います。期待値が下がると「この程度か」が「こんなにできてる」になります。正社員の15万と副業の15万って全然重みが違うじゃないですか。28歳フリーター(でも家事は得意)な男性がいたとして、ばりばりの女社長には最高の彼氏でも一般事務職の女性には不満だらけとか、あると思うんですよね。

ここまでごらんいただいて「確かに」と思うならそれで、「いや違う、この場合副業ってのは自分的にはこういう解釈だと思う」というのが沸き上がってきたならそれが正解です。

 

さて、エンジェルアバンダンスカードに聞いてみましたが、ついさきほどメルカリで購入したエンジェルロマンスカードが到着しましたため早速占いました。まあ恋愛ごとでもあるし。こちらは文字通り恋愛に関するデッキです。

出てきたのが「ハネムーン」、蜜月ですね。日本語だと新婚旅行という意味でつかわれることが多いですが、「ロマンティックな小旅行」であり、必ずしもパートナーと行くものではありません。一人旅でも推しにまつわる聖地巡り、30日間フランス滞在などはハネムーンです。とても広義だと「休暇」です。

 

「MoonLighting(副業)」、「HoneyMoon(小旅行)」と、いずれも月にまつわる単語が入ってるのが興味深いところです。月って日中や日常じゃないんですよね。

ほかにこの2枚のカードをあわせて考えてみると、つまりはあなたにとってのその出会い、あるいは恋愛ごとというのが「休暇」「サブウェポン」「イベント」というか、とにかくメインだったり日々の生活だったりはしない、あるとちょっとうれしいもの、みたいなアクセント、添え物的な印象です。続けるにしろ距離をとるにしろ、意中の人の存在を心の特等席からは追い出したほうがよさそうです。あなたがメインにすべきものは他に存在しています。

 

なんとも背景が読みにくいご相談内容だったのであれですが、心当たりがありますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です