ペンデュラムに手をだしてみた

児童向け実用書が好きです。

児童向け実用書の世界

小学生向けのお料理とかメイクとかコスメとか占いとか、そういう感じのやつ。最近は片付け本とかスケジュール管理、ノート作りなんかもあるみたいですね。

ノスタルジックな趣味として探すのが五割、ガチ実用で探すのが七割くらい。
ノスタルジックなのはこういうの。 地味に大御所少女漫画家がいたり、当時の文化を感じられて面白い。

f:id:imakomemo:20190422000600p:plain

のこり七割はガチ実用用途として求めてます。

たとえばこういうのとか。(絵がほんとにかわいい)

f:id:imakomemo:20190422000638j:plain

もともと児童向け占いはガチ分野の占術家が執筆していることが少なくなくて、「たんじょうびうらない」はたいてい数秘術、「星座占い」は西洋占星術のエッセンスをかみ砕いて執筆されています。出版社もよくよみるとガチ魔術書出版してるところだったり。

これ系の本に触れたことのある元女児は「生年月日を一桁になるまで足す」系占いって一度はやったことあると思うんですけど、あれ、カバラ数秘術の運命数を算出する方法ですからね。星座占いは西洋占星術の「太陽星座」を引用したものです。

お料理の基本が分かる極上の初めてレシピ―極上!!めちゃモテ委員長 (ちゃおハッピーコレクション)
にしむら ともこ ちゃお編集部 ABCクッキングスタジオ
小学館
売り上げランキング: 896,521
この「めちゃモテ委員長のお料理ブック」はABCスタジオ監修のガチもので、小学生がこなせる難易度かつ「男子に差し入れてウケる」献立を仕上げていたり、料理の基礎がとにかくわかりやすかったり、料理上達の方法として「必ず料理の感想をもらい、それを記録していくこと」を強めに推してたりするあたり信頼感高いです。

他にもメイク本や美容本なんかが、大人の知識から見ると「はーーなるほどーーーーそういう言い方しますかなるほどーー」という楽しさがあったり、あと、ほんとに、ほんとうに、基礎の基礎からわかりやすく伝えようと大人が苦心しているだけあって、へたな大人向け入門書より上等だったりします。マナーブックにはケーキのセロハンのはがしかたや友人宅での靴の脱ぎ方や男子の家にお呼ばれした際のふるまいかたなんてものまであったりする。

このへんも、大人用片付け本とかより本質的でよかった…

学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓
旺文社
売り上げランキング: 2,970

本題、女児向けペンデュラム本

で、書店ではこういったきらきらしいエリアをざっとめぐるのが日課なんですが、先日おもしろいものを見つけました。

未来をうらなう! 魔法のペンデュラム ([バラエティ])
LUA
主婦の友社
売り上げランキング: 251,900

はい、ローズクオーツのペンデュラム本体がついたダウジング本です。

ローズクオーツだし鎖もかわいい…

本書もよくよくみると四台元素のエレメントの解釈、ダウジングのベース、占術の心得や凡例、とくにセルフ占いで重要な「占いを掘り進める考え方」のようなものが非常によく織り込まれてます。

 

というか著者がLUAさん、わたしがタロット使うブレイクスルーのきっかけになったいくつかの本をかかれているLUAさんじゃないですかやだーーそりゃわかりやすいわ!

かなりロジカルに占術をとらえているかただからできる子供向けの再構成、わかりやすさに納得です。

というか絵がとてもかわいい。特にこのエレメントの絵めっちゃかわいい。

そしてなにげに各エレメンツに照応する12星座(西洋占星術要素)、カラー(カバラ/セフィロトの樹)、守護天使、記号等さまざまな占星術の要素が書き留められていてこいつはかなり使えるのでは…? というかタロットでも小アルカナのイメージと担当がそのままなのでスートの把握にも役立ちそうです。

ペンデュラムってなに?

ダウジング」による占いをするアイテムです。先のとがった石が先端についてる振り子。これを使って三択、四択みたいなシートを作っておいて、中央にかざすと正しい答えの方に振り子が揺れるという……めちゃくちゃかみ砕くと、西洋こっくりさんです。

こっくりさんとちがって選択肢を円グラフ風にかきこんでおいたりします。タロットが得意ではない断定、断言、可能性を狭めていくタイプの占いです。イエスノー型が得意。あとは探し物に効果的だとか。モノそのものの方角をペンデュラムに示させるというより、「この家の中?外?」「一階?二階?」「台所?リビング?」のように狭めていく、いわゆる探偵方式でのやりかたがメジャーです。

凡例のおなやみは小学生向けだなーというほほえましさですが、逆に大人が扱うにはこのくらい幼い願望からスタートしたほうがなじみやすいかもな、と思います。大人向け本の例だと仕事とか恋愛とかがなんかガチなものになりがちで、そういう事例をみちゃうと「自分も深刻な悩みを解決したいときに使わないと」と思いやすいというか、なんというか。

おまじないコーナーはペンデュラムを使ったまじない、靴にかけると良い出会いがあるというのはわかる、スマホに使うというのがまた現代的というかLUAさんの気配感じる。

練習用シートや占術シートもついてきます。

これは「この質問に対して、4つのエレメントで言うとどれっぽい?」みたいな質問に使うエレメントシート。なにげに四大元素のマーク。

まだ買ったばかりで遊べてないですが、これも占いの幅が広がりそうでよいですね。そんなわけで、カード占いに別の風を吹き込みたい方におすすめです。覚えることほとんどないし。

未来をうらなう! 魔法のペンデュラム ([バラエティ])
LUA
主婦の友社
売り上げランキング: 251,900

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です